看護師仕事知識

看護師の臨床を応援する知識、求人に関する情報を公開!

看護師の臨床というのは、患者様と接する時間も多く、やりがいを感じられる仕事です。

しかし、患者様の日常生活の援助だけでなく、カルテに情報を記載したり、他部署との連携、医師の診療の補助などかかわる仕事も多く、非常に多忙なのも事実です。
私自身も看護師として10年目になりますが、新人の看護師のころは、患者様と接する時間が非常に短く感じる半面、雑務や医師との関わり合いで非常に苦労しました。
看護師として、患者様のためにやるべきことがあるのに、自分の仕事が片付かず、こんな臨床でいいのかどうかを何度も自問自答しました。
自分の看護師としての理想像を手に入れるためには、それなりの看護師としての知識や技術を覚えることも重要ですが、環境を自分自身で評価し、変えていくことも必要だと感じています。
ただ、看護師として新人のころに患者様のために何かしてあげたいという気持ちは、忘れないで臨牀に臨んでほしいと思っています。

 

そんな看護師を応援する情報を中心に情報を公開していくサイトです。

今の職場は自分自身に合っているのか?

学生のころと違い、看護師としての仕事を始めてみると、自分自身の知識や技術のなさに加え、看護師としての業務責任の重さを感じた時がありました。
自分が思っているような、看護師として患者様のために援助できない自分を責めた時期もありました。そんな時は特に看護師の仕事を辞めたくなったり、他の職場に変えたほうがいいのではないかと感じていました。
では他の職場に転職を決める条件とはどういったことが必要なのでしょうか。

自分自身が看護師として何を求めているのか明確に!

私自身は、患者様のためにもっと援助したい気持ちが大きかったのですが、その時間をうまく作れないことに仕事に不満を感じていました。
しかし、経験年数をこなしてくると、もっと周囲の動きが見えるようになり、業務もその都度最善の方法で行えるようになったため、患者様に知識や技術をもとに看護業務を行る時間も増えてきました。
また、職場の上司ともより効率の良い臨牀のこなし方を相談し、職場環境を整えることにも意見をすることができるようになりました。
ですから、今の職場に関する不満というのは、周りの方と相談し、よりSA遺残の対策を考えることで、職場自体が良くなることにもつながります。
あなたが希望している条件は、自分自身や周囲を変えることで納得のいくものになるかもしれませんし、変えられないものかもしれません。
簡単に転職を考える前に、自身が何を求めているのかを明確にリストアップしておくといいでしょう。
そのうえで、看護師求人サイトなどで、希望条件に合った職場を検索し、理想の職場で看護師としてスキルアップを図ることは重要です。

 

理想の看護師求人でやりがいのある看護師勤務を進めてみるならこちら!