看護師の臨床を応援する知識、求人に関する情報を公開!

看護師の臨床というのは、患者様と接する時間も多く、やりがいを感じられる仕事です。

 

しかし、患者様の日常生活の援助だけでなく、カルテに情報を記載したり、他部署との連携、医師の診療の補助などかかわる仕事も多く、非常に多忙なのも事実です。

 

私自身も看護師として10年目になりますが、新人の看護師のころは、患者様と接する時間が非常に短く感じる半面、雑務や医師との関わり合いで非常に苦労しました。

 

看護師として、患者様のためにやるべきことがあるのに、自分の仕事が片付かず、こんな臨床でいいのかどうかを何度も自問自答しました。

 

 

自分の看護師としての理想像を手に入れるためには、それなりの看護師としての知識や技術を覚えることも重要ですが、環境を自分自身で評価し、変えていくことも必要だと感じています。

 

 

ただ、看護師として新人のころに患者様のために何かしてあげたいという気持ちは、忘れないで臨牀に臨んでほしいと思っています。

 

そんな看護師を応援する情報を中心に情報を公開していくサイトです。

 

今の職場は自分自身に合っているのか?

学生のころと違い、看護師としての仕事を始めてみると、自分自身の知識や技術のなさに加え、看護師としての業務責任の重さを感じた時がありました。

 

自分が思っているような、看護師として患者様のために援助できない自分を責めた時期もありました。そんな時は特に看護師の仕事を辞めたくなったり、他の職場に変えたほうがいいのではないかと感じていました。

 

 

では他の職場に転職を決める条件とはどういったことが必要なのでしょうか。

 

自分自身が看護師として何を求めているのか明確に!

私自身は、患者様のためにもっと援助したい気持ちが大きかったのですが、その時間をうまく作れないことに仕事に不満を感じていました。
しかし、経験年数をこなしてくると、もっと周囲の動きが見えるようになり、業務もその都度最善の方法で行えるようになったため、患者様に知識や技術をもとに看護業務を行る時間も増えてきました。

 

 

また、職場の上司ともより効率の良い臨牀のこなし方を相談し、職場環境を整えることにも意見をすることができるようになりました。
ですから、今の職場に関する不満というのは、周りの方と相談し、よりSA遺残の対策を考えることで、職場自体が良くなることにもつながります。
あなたが希望している条件は、自分自身や周囲を変えることで納得のいくものになるかもしれませんし、変えられないものかもしれません。

 

 

簡単に転職を考える前に、自身が何を求めているのかを明確にリストアップしておくといいでしょう。
そのうえで、看護師求人サイトなどで、希望条件に合った職場を検索し、理想の職場で看護師としてスキルアップを図ることは重要です。

 

水素自動車って知ってますか?

2014年12月15日にトヨタの最新の自動車であるMIRAI(ミライ)が発売されました。

 

このミライは世界初の水素を燃料として走る車であり、地球温暖化の原因となっている排気ガスをまったく出すことのない、究極のエコカーとして世界中から注目されています。

 

 

そもそも、水素で走る車とはどんな原理なんでしょうか?本当にメリットばかりなのでしょうか?調べてみました。

 

原理

水素で走る原理ですが、水素と酸素が反応することで水が発生することは化学の授業でも聞いた事があるかもしれませんが、この水素と酸素が化学反応する際に電子が余ることになるのですが、水素自動車はこの電子を電気エネルギーとして利用できる燃料電池を搭載しています。燃料電池の仕組みは、水素を貯めることの出来る大型のタンクがあり、ここから燃料電池スタックに送ることで電気エネルギーを作成することになります。車の排気ガスの代わりに出てくるのは水や水蒸気などであるため、有害物質がゼロであり、環境へ全く影響することがありません。

 

メリット

上述しましたが、とにかく環境に優しいです。ガソリンを使用する一般的な車は排気ガスを出すことになり、これが地球温暖化や大気汚染などの環境への影響が大きいのですが、このミライでは水素から発生するものは水だけですので、環境への影響がまったくないのが特徴です。また、ハイブリット車や電気自動車と同様に、ガソリン車のようなエンジン音はなく、とても静かなのが特徴です。エンジン音が静かなため、車の中での会話やカーステなどの音楽などもしっかりと聴くことが出来ます。モーター駆動のキーンという高い音はするものの、不快になるような音ではありません。(車査定の薦め)

 

また、エンジン音は静かな者の、アクセルを踏んで加速をすると、燃料タンクから水素を大量に発電装置へ送り込むことになるのですが、その際に高圧ポンプがフル稼働するため、そのさいにゴーという徐々に響いてくるような音がします。これもまた不快な音ではなく、むしろ車を加速しているという実感を感じることの出来ることができます。

 

水素で走るということでエンジンのパワーが弱いじゃないのではないかと思う人は大きな勘違いです。モーター駆動であるため、加速性能もとても良く、車が停止している状態から時速100kmまでいくのになんと9.6秒というパワーを持っているんです。これは同じトヨタ車であるハイブリット車のプリウスよりも加速性能が高いんですよ。ちなみにミライのパワーは、ガソリンで走る車で言えば、6気筒の3〜3.5リットル並ということです。そこらのコンパクトカーなんかは足下にも及ばないほどのパワーを持っているんです。ちなみにこれは高級車であるクラウンと同性能です。エコと走りを兼ね備えたまさに究極の車といえます。

デメリット

究極の車と上述したので、まったく欠点がないようにみえますが、まだまだ現状ではデメリットも存在してしまうんです。
まず、第一にその値段です。トヨタの最先端の技術が詰め込まれたこの車ですので、値段もそれなりですよ。現状では車体価格が700万円をこえており、一般家庭ではなかなか手が出せない料金ですよね。一応国からの補助金がでますので、実質の負担額は520万円ほどですが、それでもまだまだ高いですよね。軽自動車が2台変えてしまう値段です。

 

また、その生産もとても遅く、なんと多くが手作業で行われているらしく、1日にたった3台しか生産できないそうでで、今から予約しても納車までには3年もかかってしまうそうです。その期間待っていたら、ガソリン車やハイブリット車にもっと良い性能の車が発売されてしまうかもしれません。

 

また、水素ステーションの少なさもネックです。電気自動車の充電場所もまだまだ整っていない中で、水素ステーションの普及は当面先ですので、水素を充填できる場所が限られてしまっています。また、その水素もまだまだ料金が高く、満タンにして4300円ほどするらしく、満タンで600〜700km走れるそうですが、リッターに換算すると1リットル15kmなので、燃費的には全然良くないですよね。環境に良くてもまだまだ家計には優しくはなさそうです。

 

 

⇒ 今乗っている車を高く売る方法

更新履歴